2018年12月27日

クリスマスに感じた純粋さと来年以降への希望

早いもので今年のクリスマスも過ぎてしまいましたね。

我が家では、12月24日のクリスマスイブは家で、そして25日のクリスマス当日は外でお祝いしました。

24日は、娘が妻とクリスマスケーキを作ってくれました。デコレーションは全て娘がやってくれました。

クリスマスディナー、クリスマスケーキ

食事とともにプレゼントタイムです。娘は、祖父母からクリスマスプレゼントで届いたおもちゃの箱を開けて大喜び。妻と僕からは、箱入りの焼き菓子セットをプレゼント。

そして僕から妻と娘の二人にも、クリスマスプレゼントを送りました。ゆかいな感じのアロマディフューザーです。

アロマディフューザー

寝室をさらにリラックス空間にしようと思って、二人に贈りました。とは言っても、寝室で使うので、自分も当然その恩恵に預かれるわけですが(笑)

一緒に贈ったアロマオイルセットからベルガモットを選んで、当日の晩から早速使っています。寝る前の寝室に、ふわっと穏やかな香りが漂い、一層リラックスできます。

一夜明けて25日の朝。娘にはサンタクロースからプレゼントのおもちゃが届いていました。これにも娘は大喜び。早速開封して遊んでいます。

エプロンをつけて張り切ってクリスマスケーキを作り、夜には「早く寝ないとサンタさん来ちゃうから!」と僕とのお話を早々に切り上げて寝た娘。

そしてサンタさんや家族からのプレゼントに飛び跳ねるように喜ぶ娘。

子どもは本当に純粋でまっすぐで、一緒にいると自分も純粋な気持ちになります。とても幸せな気持ちになります。

そして25日の夜は3人でお出かけ。いつもお世話になっているお店で、おいしいものをたくさんいただきました。

こちらは豚バラ肉のシェリービネガー煮込みです。

豚バラ肉のシェリービネガー煮込み

こうして家族三人、元気にクリスマスを迎えられるのは、本当にありがたく、幸せなことです。

去年はまだまだ退院から日も浅く、体調も不安定で、クリスマスを楽しむ余裕はありませんでした。それを考えると、本当に今年は幸せなクリスマスを送ることができました。

来年のクリスマスも、再来年のクリスマスも、その先のクリスマスもずっと、こうして家族みんなで楽しいときをともに過ごしていきたいと思います。

本当に "I wish for happiness like this forever." です。

▼「この幸せが永遠に続きますように・・・」(映画グレイテスト・ショーマンより)|オーシャンブリッジ高山のブログ

クリスマスツリー

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

東京女子医大 脳神経外科 村垣教授と
虎の門病院 血液内科 谷口部長が推薦。
脳腫瘍、悪性リンパ腫・白血病を乗り越えた闘病記。
がん闘病と向き合うための心構え満載。

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受ける。現在は元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ