食べたら食べた分だけ太った

2017年の急性骨髄性白血病さい帯血移植治療以来、なかなか体重が増えないと、たびたびこのブログにも書いてきました。
ビュッフェの食事


直近(12月18日)の記事では、
▼男なのに冷え性なのは痩せたから/凄腕マッサージ師Sさんによる対策|オーシャンブリッジ高山のブログ

「体重48.7キロ、体脂肪率9.8%

とあります。
そのなかなか増えなかった体重が、年末年始を経て、ようやく少し増加しました。
年始に出かけた先で、ビュッフェの食事がおいしく、いつも以上にお代わりして食べてしまいました。しかも複数回の食事で。
恐らく、さい帯血移植後で一番食べたのではというくらいたくさん食べました。
その結果、本日時点で、

体重50.2キロ、体脂肪率8.3%

となりました。1.5キロ体重が増えて、1.5%体脂肪率が減りました。体重が50キロを超えたのは久しぶりです。
年末年始は、初詣も含め、比較的よく歩いたので、恐らく食べた分は脚の筋肉になってくれているものと思います。
それがこの体重、体脂肪率に表れています。大変分かりやすいです。
以前は、移植後の長期GVHDの肝機能障害の影響もあり、食べてもなかなか体重が増えませんでした。でも今回は、食べた分がしっかり吸収されて、血肉となり、体重に反映されたようで、「少しずつ内臓機能も回復しているんだな」とうれしく思っています。
体重増加に伴い、脚力も少し強くなったような気もするんですが、でもまだ階段の上り下りや、早足で歩いたときなどには、脚の筋力不足を実感します。
特に、横断歩道などで急いで走ろうとしても、膝が折れてしまって走れず、早足が精一杯、という状況は、できれば改善し、少しくらいの距離は走れるようになりたいと思っています(青信号の点滅で急ぐためだけではなくて)。
そのためには、少しずつウォーキングの距離を伸ばし、また神社や公園に続く坂道を上るなど、無理のない程度に負荷を上げて、脚力をつけていきたいと思います。また家でのスクワットもやっていきたいと思います。
筋肉が増え、体重が増えれば、疲れやすさ、疲れの抜けにくさも改善していくのではと期待しています。
とはいえ、いつものことですが、焦らず一歩一歩進んでいきたいと思います。