2019年01月09日

食べたら食べた分だけ太った

2017年の急性骨髄性白血病さい帯血移植治療以来、なかなか体重が増えないと、たびたびこのブログにも書いてきました。

ビュッフェの食事

直近(12月18日)の記事では、

▼男なのに冷え性なのは痩せたから/凄腕マッサージ師Sさんによる対策|オーシャンブリッジ高山のブログ

「体重48.7キロ、体脂肪率9.8%

とあります。


そのなかなか増えなかった体重が、年末年始を経て、ようやく少し増加しました。

年始に出かけた先で、ビュッフェの食事がおいしく、いつも以上にお代わりして食べてしまいました。しかも複数回の食事で。

恐らく、さい帯血移植後で一番食べたのではというくらいたくさん食べました。

その結果、本日時点で、

体重50.2キロ、体脂肪率8.3%

となりました。1.5キロ体重が増えて、1.5%体脂肪率が減りました。体重が50キロを超えたのは久しぶりです。

年末年始は、初詣も含め、比較的よく歩いたので、恐らく食べた分は脚の筋肉になってくれているものと思います。

それがこの体重、体脂肪率に表れています。大変分かりやすいです。

以前は、移植後の長期GVHDの肝機能障害の影響もあり、食べてもなかなか体重が増えませんでした。でも今回は、食べた分がしっかり吸収されて、血肉となり、体重に反映されたようで、「少しずつ内臓機能も回復しているんだな」とうれしく思っています。

体重増加に伴い、脚力も少し強くなったような気もするんですが、でもまだ階段の上り下りや、早足で歩いたときなどには、脚の筋力不足を実感します。

特に、横断歩道などで急いで走ろうとしても、膝が折れてしまって走れず、早足が精一杯、という状況は、できれば改善し、少しくらいの距離は走れるようになりたいと思っています(青信号の点滅で急ぐためだけではなくて)。

そのためには、少しずつウォーキングの距離を伸ばし、また神社や公園に続く坂道を上るなど、無理のない程度に負荷を上げて、脚力をつけていきたいと思います。また家でのスクワットもやっていきたいと思います。

筋肉が増え、体重が増えれば、疲れやすさ、疲れの抜けにくさも改善していくのではと期待しています。

とはいえ、いつものことですが、焦らず一歩一歩進んでいきたいと思います。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

東京女子医大 脳神経外科 村垣教授と
虎の門病院 血液内科 谷口部長が推薦。
脳腫瘍、悪性リンパ腫・白血病を乗り越えた闘病記。
がん闘病と向き合うための心構え満載。

プロフィール

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校→早稲田大学 政経学部→アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ→Web関連ベンチャー→(株)オーシャンブリッジ設立・代表取締役社長就任→現在、同社ファウンダー。横浜市綱島在住。趣味はおりがみ。2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)摘出手術を受けて成功、ただ視野の左下1/4を失う。2013年5月からは7ヶ月間入院して悪性リンパ腫・急性リンパ性白血病の抗がん剤治療を受ける。帯状疱疹後神経痛も発症。2016年10月に2つのがんから卒業(それぞれ5年、3年経過)。しかし2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、さい帯血移植治療を受ける。現在は元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※最近、メールやFacebook等で個別にご連絡やご相談をいただくことが以前よりも増えております。私の時間と体調の許す限りはご返事差し上げていますが、全てのご連絡にご返事できるとは限りませんことをご了承ください。

※また、病気や病院に関するご質問をいただく際には、事前に私の著書「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご質問いただけると助かります。最近いただく質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます

主なカテゴリー

過去の記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ