2019年05月04日

リストランテ・ソリッソ(飯田橋)にてサプライズバースデー

先日、母が長野から上京してきたので、みんなで飯田橋の老舗イタリアンレストラン、リストランテ・ソリッソに行ってきました。

飯田橋ソリッソにて

ソリッソは、先日、虎の門病院の谷口先生、東京女子医科大学の村垣先生と行ってきたレストランです。

▼【前編】奇跡のディナー:2人の医師の命のリレー

▼【後編】奇跡のディナー:2人の医師の命のリレー

先生たちとお邪魔した際、前菜もピザもパスタも大変おいしく、またサービスもすばらしかったため、イタリアン好きの娘を一度連れて行きたいと思っていました。

今回、ゴールデンウイークで母が東京の叔母の家に出てきていたため、ちょうどいいと思い、みんなで行ってきました。

お店に電話して、前回大変お世話になった吉岡さんに「今度は家族を連れて行きます!」と予約してから行きました。

前菜の盛り合わせから、

飯田橋ソリッソにて

ピザ、

飯田橋ソリッソにて

パスタまで、

飯田橋ソリッソにて

みんなでおなかいっぱい食べました。前菜から全ておいしいのですが、写真のピザマルゲリータ、そしてレモンクリームソースのパスタは最高ですね。

おなかいっぱい食べてひと段落した頃に、突然ろうそくに火の灯ったデザートプレートが2つ登場。僕と母へのバースデーサプライズでした。

飯田橋ソリッソにて

僕のプレートには「パパ Buon Compleanno」の文字。イタリア語で「ハッピーバースデー」です。

実は僕と母は同じ誕生日なのです。2人とも5月6日生まれ。

ということで、僕の知らぬ間に妻が吉岡さんに電話して、一足早いお誕生日祝いを用意してくれていたようです。

全く知らなかった僕は超びっくり。

もちろん母もびっくり。

そして娘がハッピーバースデーの歌を歌ってくれて、僕と母はろうそくを吹き消したのでした

みんなでデザートを分け合いながら店内を見回すと、僕たち以外にも2組ほど、お誕生日祝いをしている家族がいました。

老舗イタリアンだけあって、ここでの誕生日祝いを恒例にしているご家族も少なくないのかもしれませんね。

今年は母も一緒にいい誕生日になりました。

そして、脳腫瘍(神経膠腫/グリオーマ)、悪性リンパ腫(リンパ芽球性リンパ腫/急性リンパ性白血病)、急性骨髄性白血病と3回のがんから命を救ってくださった先生たちとの記念のディナーを開催したソリッソに、がん闘病を支えてくれた家族と来ることができ、感慨深いものがありました。

サプライズを企画してくれた妻、そして協力してくれたソリッソの吉岡さんには感謝です。

▼リストランテ・ソリッソ

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-1-15 シャトー寿寿1F
(JR飯田橋駅 徒歩5分/東京メトロ飯田橋駅 B4b出口 徒歩1分)
TEL:03-3235-4477
ランチ:11:30〜15:00(L.O.14:30)
ディナー:18:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日(祝日の場合変更あり)

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ