2012年09月04日

「ツレがうつになりまして。」を読んで、改めて病気の意味を考える。

先日、とあるきっかけで「ツレがうつになりまして。」を勧められて、文庫版を読んでみました。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
細川 貂々
幻冬舎
売り上げランキング: 531

僕自身はうつ病とは無縁の人生を送ってきました。がんが見つかったことがきっかけで、うつ病になる患者さんも多いと聞きますが、幸いなことに僕自身はずっと前向きに生きてくることができました。

また僕のツレ、つまりうちの奥さんは、臨床心理士として病院で働きながら、大学院で臨床心理学を研究しています。つまりうつ病を含めた精神疾患を心理面から治療・研究する立場です。

だから、うちの奥さんは、専門家としてうつ病の患者さんと日々向き合っているわけですが、僕自身は全く知識がありませんでした。知っていることと言えば、「うつ病の人には『がんばれ』って言っちゃダメ!」という程度。でもこの「ツレがうつになりまして。」を読んで、うつ病のことが少し理解できました。

うつ病とはどういう病気なのか、患者さん自身は何が辛いのか、日常生活や仕事にはどういう影響があるのか、家族にはどういう対応が求められるのか、などなど。

僕がこのマンガを読み始めたのは、こうしたうつ病の知識を得ようと思ったためなのですが、読み進めるにつれて、全編を貫くほのぼのとした空気や、にじみ出る夫婦愛に、すっかりハマり、癒されてしまいました。しかもところどころでクスリと笑えます。

そして最後に「おわりに」を読んで、すっかり共感してしまいました。抜粋します。

今は普通の人と同じような生活が遅れるようになり、日常生活はほぼ元通りになりました。けれども、ツレ自身は病気をする以前とは微妙に違う人間になりました。

以前のツレは頑固で自分の決めたことは絶対に譲らず、神経質で人の言うことなんか聞かないような人間でした。それが病気をしたことで、やわらいだ気がします。

今思うとうつ病になったことは、ツレの人生の中で避けて通れなかったことのように思います。これは仕方のないことだったのです。

ツレは病気になってはじめて自分の弱さに気づくことができたので、うつ病になったことは決して無駄にはなっていないと思います。

この後書きを読んで、僕自身が脳腫瘍を経験して考えた「病気の意味」と通じるところがあるなあ、と思ったのです。

▼治るという前提で脳腫瘍になった〜病気発見からの一年間に起こった幸運と、病気の意味

人生で起こることには全て意味がある、とまでは言いません。でも、大きな病気を乗り越えると、他では得ることのできないかけがえのない何か、人生にとって本当に大切な何かが得られるということは、言えるのかも知れません。

そういえば、退院してから昨日でちょうど一年が経ちました。これからも前向きに一所懸命に生きていきます。


ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
細川 貂々
幻冬舎
売り上げランキング: 531

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ