2012年09月13日

脳腫瘍(グリオーマ)治療費の実際(入院・手術・放射線・抗がん剤)

ご自身やご家族に脳腫瘍(グリオーマ/神経膠腫)が見つかった方が、ネットで治療法や病院、予後(生存率、後遺症等)に関する情報を探している中で、僕のブログを見つけ、ご連絡をいただくことが、最近また増えています。

そうした方からのご相談で最も多いのが、病院選びに関することです。逆に全く聞かれないんですが、恐らくほとんどのみなさんが気になっているはずなのが、治療費がいくらかかるのかということではないかと思います。お金に関することは、あまりネットには出てきませんし、また誰にでも聞ける話ではないですからね。

ということで、僕の場合、一連の治療(入院、手術、放射線治療、抗がん剤治療)にどのくらいの金額がかかったのかをまとめておきます。あくまで僕が受けた治療の場合であり、患者さんそれぞれの治療内容や入院期間等で全く変わってきますので、一つの例として参考にしていただければと思います。また最後に保険についてもまとめておきます。

■入院中

結論から言いますと、2ヶ月強の入院期間中に受けた一連の治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)に対し、僕が女子医大に支払った金額は、50万円に満たない金額でした。「え、そんなに安いの?!」というのが、僕自身の率直な感想でした。そして、その後さらに還付金が支給され、実質的な自己負担額は10数万円となりました。(※追記)

僕の場合、基本的に全ての治療が保険診療の範囲内でした。最先端の術中MRI(オープンMRI)による手術も、リニアックによる放射線治療も、ニドラン/ACNUによる抗がん剤治療もです。

健康保険が適用となることから、基本的に治療費のうち自己負担額は3割となりますが、その3割のうち、健康保険組合(僕の場合は関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS))が設定する自己負担限度額(詳しくは「高額な医療がかかったとき(ITS健保)」)を超えた分も、高額療養費として健康保険組合が負担してくれます。この高額療養費については、限度額適用認定証を申請することにより、健保組合が直接病院に支払ってくれます(申請しなければ、一旦、自己負担で病院に支払ったあとで、健保組合から払い戻しを受ける。詳しくは「限度額適用認定証の申請について(ITS健保)」)。よって、病院の窓口で自分が支払うのは、自己負担限度額の分だけですむことになります。

こうして健保組合の恩恵を受けた上で、僕が入院中の治療費として病院に支払った金額が、50万円弱でした。

さらに、あとから健保組合から一部負担還元金も還付されました(詳しくは「高額な医療がかかったとき(ITS健保)」)。これは後日、健保組合から会社の口座に振り込まれて、自分に戻ってきます。金額は35万円以上でした。(※金額修正)

ということで、僕の治療費のかなりの部分が健保組合から支払われたことになります。あとで還付された一部負担還元金を考慮すると、実質的な自己負担額は10数万円ということになります。(※追記)今回ほど健康保険のありがたみを感じたことはありませんでした。

脳腫瘍治療では、保険の効かない先進医療として、粒子線治療なども行われています。この粒子線治療の場合、自己負担額は約300万円にもなります。僕も脳腫瘍が見つかった直後に、ネットで調べているときにたまたまこの治療法を目にし、いったい自分の治療にはいくらかかるんだろうと考えてしまったのを思い出します。

でも保険診療の枠組みの範囲内であれば、そこまでの治療費はかかりません。最先端の脳腫瘍摘出手術を行なっている女子医大で治療しても、です。

■退院後の外来での診察・検査・治療

続いて、退院後の外来での診察・検査・治療の費用についても書いておきます。

退院後は、毎月の診察の他に、3ヶ月に一度のMRI検査と、2ヶ月に一度の抗がん剤点滴(ニドラン/ACNU)があります(抗がん剤は先々月に終了)。

MRI検査+診察の月で、自己負担額(会計時に病院に支払う金額)は1万円弱です。

抗がん剤点滴+診察の月で、自己負担額はやはり1万円弱です。

診察だけの月は2千円程度です。このほとんどが、抗がん剤の影響を見るための血液検査の料金です。僕は先日抗がん剤が終了し、今後の外来診察の際には血液検査は行わないため、もっと金額は安くなると思われます。

外来診察の費用は以上のような感じです。抗がん剤によっては毎月の薬代だけで何万円もかかるという話も聞きますが、僕が使ったニドラン/ACNUは、比較的安くて助かりました。

なお、僕の場合、日常的に服用している薬は一切ありません。通常、脳腫瘍の手術をした患者さんは、かなりの期間、けいれん止めの薬を服用するようですが、僕は術後に数日飲んだところ薬疹(薬による発疹)が出たことと、けいれん発作がこれまで一回しか起きていないことから、その後は一切薬を飲んでいません。ですから薬代もかかっていません。

■がん保険・海外旅行保険・生命保険・医療保険

健康保険以外に助かったのが、個人的に入っていた各種保険でした。

僕は親姉妹にがんが多いため、若いうちからがん保険に入っていました。一般的なアフラックの掛け捨てのがん保険です。この保険でアフラックから支払われた保険金で、前述の自己負担額はもちろん、入院中の治療費として病院に支払った金額十分カバーできました。

また僕の場合、意識を失って倒れたのが海外だったということで、クレジットカード(アメックス)に付帯する海外旅行傷害保険からも保険金が下りました。チューリッヒの空港で救急医療センターに運ばれて治療を受けた際の費用に加え、帰国後の入院治療についても対象となりました。

また、僕は経営者ということもあって、個人としても、会社としても、ある程度の掛け金の生命保険に入っています。つまり僕が死んだ時に、残された家族や社員・役員が、残った借金で困らないように、ということです。個人で入っている生命保険には医療保険もつけてあり、特にがんや成人病の特約は厚めにしてあったため、そちらからも保険金が支払われました。

以上、これから脳腫瘍(グリオーマ)の治療に向かう患者さんやご家族にとって、多少でも参考になればと思います。ただ、繰り返しになりますが、これはあくまで僕の場合の一例ですので、その点は十分にご留意くださいね。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (10)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 てるた : 2012年9月18日 17:42

高山さん、はじめまして。
詳しい情報本当に助かります。
主人が10月に神経膠腫(グレード3か4)の手術を女子医大で受ける予定です。
先生は最高の方なので、もう身を任せるつもりです。
眼と記憶・判断力の合併症をできるだけ少なくするため
入念に検査をしていただいています。
自営業なので、休む準備に追われてたいへんですが、なんとか体調を整えて夫婦でがんばります。
手術後は、私が鍼灸師なので東洋医学も加えて、抗がん剤や放射線の治療を乗り越え、免疫力、体力を上げたいと思います。良いご報告をしたいです!!!

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2012年9月18日 18:10

てるたさん、コメントありがとうございます。
来月ご主人が手術を受けられるんですね。グレード3か4ということは、去年の僕と同じ状況ですね。
ブログの内容が多少でもお役に立っているのであればうれしいです。
ご主人を支えてお二人でがんばってくださいね!
とか言いながら、僕自身は術後数日を除いては、大してがんばったとか辛かったとかいうこともなく、楽しく快適な入院生活を過ごしたのですが(笑)
良いご報告を楽しみにお待ちしていますね!

投稿者 てるた : 2012年9月25日 16:58

今日偶然お会いできて本当に良かったです!勇気を出して呼び止めて良かったです。高山さんの元気なお姿を拝見できて、主人の励みになりました!

主人の手術日が決まりました。10月5日(金)です。ただただ、手術が最高に上手くいくことを祈るだけです。主人だけではなく、すべての方の手術が成功することを心から祈るだけです。


投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2012年9月25日 17:27

てるたさん、こちらこそお会いできてよかったです。ブログを読んでくださっている方に病院で声をかけられるのも慣れてきました(笑)
手術はきっとうまくいきます。最高の先生たちですから!
実はお話し中に僕が声をかけた車椅子のUさんも、僕のブログがきっかけで女子医大に転院されて、手術を受け、グレード4で治療中です。奥様の献身的なサポートを受けつつ、前向きに治療を受け、車椅子で積極的に外出され行動されています。
僕も視覚障害は一部残りつつも、ご覧の通り、普通に元気に生活しています。前向きに進んでいきましょう!

投稿者 てるた : 2012年9月27日 13:26

ありがとうございます。偶然見つかってちょうど一カ月。妻の私は毎日泣かない日はありませんでした。気持ちが焦って、将来の漠然とした不安で押しつぶされそうでした。

でも手術が具体的になった今、落ち着いてきています。手術日は5日から12日に変更になってしまいましたが、気負わず、流れに身を任せます。やるべきことはやったので素晴らしい先生方にお任せするだけです。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2012年9月27日 17:11

てるたさん、

そうですね、手術日が決まれば、あとは本当に先生方にお任せするのみですね。
僕も手術直前には、「もはや、まな板の上の鯉だからね」と周囲の人たちによく言っていたのを思い出します。若干強がりもありましたが・・・。
でも本当に信頼できる最高の先生方ですから、お任せすれば大丈夫です。
いろいろ不安もあるかと思いますが、ぜひご主人を支えてあげてくださいね。僕も奥さんや娘の支えに本当に支えられました。今も支えられています。

ともにがんばりましょう!

投稿者 オュンチメグ : 2014年8月21日 01:55

高山さん始めまして、相談したいことがありましてメールしてみました。私はモンゴル人です。日本に住んでもう10年になります。今月帰国して来たところお母さんが具合悪くなってモンゴルでMRI診察してもらったとこ頭の中にガンが見つかりました。モンゴルでは難しい手術と言われました、それで日本に連れて行こうと思うんですが、手術代がいくらかかるのかがわかりません、もちろん生命保険ありません。保険無しでいくらぐらいかかると思いますか?教えて下さい、宜しくお願い致します。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年8月21日 19:27

オュンチメグさん、

お母様のこと、ご心配なことと思います。

申し訳ありませんが、健康保険や健康保険組合による高額療養費の負担がなかった場合の治療費は、今となってはちょっと分かりません。高額療養費分については、健康保険組合から直接病院に支払われる等のためです。

当時の診療明細書が残っていれば分かるのですが、税務署に提出してしまったため、手元に残っておりません。

明確なお答えができずに申し訳ありません。
お母様が最善の治療を受けられることをお祈りしています。

投稿者 オュンチメグ : 2014年8月22日 16:34

お返事ありがとうございました、日本に行くのが難しいそうなので他の方法を探ってみます、
これからもお元気で頑張って下さい😀😃

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2014年8月22日 18:14

そうですね、海外で治療を受けるのはなかなかハードルが高いというのが、現状だと思います。
重ね重ね、お母様が最善の治療を受けられますよう、お祈りしています。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う。2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。2016年10月に脳腫瘍、悪性リンパ腫の2つのがんから卒業。同年、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ