2012年11月22日

今までで一番多くのブログ読者さんにお会いした日

先日の火曜日は、月に一回の外来での診察日で、東京女子医大病院に行ってきました。今回は、たまたま上京していた母と一緒に行ってきました。

病院に着いて、まずは脳神経外科の診察へ。

すると早速、脳神経外科の待合ロビーで武井さんを発見。ブログがきっかけでFacebookでやり取りさせていただくようになった武井さんとは、先月僕が病院に来たときに病室にお見舞いに行って、初めてお会いしました。その後無事に退院され、今回は退院後初の外来診察とのことでした。先月はお会いできなかった奥様にもお会いできました。すっかりお元気そうで、仕事にも徐々に復帰されているとのことで、安心しました。

続いて、やはり先月の診察時に初めてお会いしたKさんも発見。先月はご主人と一緒でしたが、この日はお姉様と一緒。Facebookのプロフィール写真でしか拝見していなかったお姉様にもお会いでき、またKさんのお元気そうな様子も見ることができて、よかったです。

その後、診察室の前で呼ばれるのを待っていると、診察を終えて出てきたのは、これまた先月もお会いしたUさんと奥様たちでした。先月はMRI検査室の前でお会いしましたので、つくづくご縁があります。

さて診察ですが、最近も特に体調面での問題等はないため、脳神経外科でも放射線科でも、世間話をしつつ、僕の母が持参した伊那のおみやげをお渡ししたくらいで終わってしまいました(笑)。あ、でも放射線科では血液検査の話はしましたね。

その後、母と院内のレストラン(松本楼)でランチ。この日はいつものカレーではなく、同じく名物のオムレツライス。

オムレツライス

食べている間に、他の患者さんたちからもFacebookや電話で連絡が届きます。

食べ終わって1階に降りると、Sさん夫妻がベンチに座っていらっしゃいました。奥様とはFacebookでやり取りをしていましたが、お会いするのはお二人とも初めてでした。うちの母も含め、お互いの家族の病気の話などでしばらく立ち話。

その後電話で連絡を取り合って、Oさんとお会いしました。先日ブログにコメントをくださり、その後メールでやり取りした結果、この日、セカンドオピニオン外来で女子医大にいらっしゃいました。3人でタリーズでコーヒーを買って、外来病棟内の休憩スペースでお話ししました。これから僕の主治医のYM先生に会うということで、先生のことや女子医大のことなどをしばらくお話ししました。

その後、僕が入院していた病棟のナースステーションに顔を出し、お世話になった看護師さんたちに、母とともにごあいさつ。この日はKさんやTさん、Iさんに近況報告ができました。

ということで、ブログを読んでくださっているたくさんのグリオーマ患者さんやご家族にお会いすることができ、とても嬉しい一日となりました。たくさんの人たちに会ってたくさんしゃべったので、ちょっと疲れましたが、でも同じ病気を経験した方、しかもブログを読んでくださっている方とお会いするのは、いつも嬉しく、楽しいものです。

これからもこうした出会いがたくさんあるといいなと思いつつ、今日もブログを書いています。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。3回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (2)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

投稿者 こうちゃん361 : 2012年11月25日 23:14

高山さんのようにいろいろな情報や感想、意見をこのような形(Facebookも含めて)発信しておられるので、新しいお知り合いが増えるのは当然(良い意味で)と思います。私は病院に入っている時にネットを使ってはいましたが、ひとりよがりの闘病日記(医学的な根拠のないもの)ばかりで、あまり参考になったものはありませんでした。むしろ医療機関が出しているものの方が客観的で得るものは多かったです。

ただ、それだけでは孤独になりがちです。やはり同病の人と分かち合いたい気持ちはありました。

どうぞこれからも(良くなられた後も含めて)どんどんと発信し続けて下さい。これだけ多くの情報と意見を含んだものはあまりないように思います。期待しております。

投稿者 オーシャンブリッジ高山 : 2012年11月26日 16:17

こうちゃん361さん、いつもありがとうございます。
こうしてブログを書いていても、なかなかそれが他の患者さんの役に立っているのかというのは実感しにくいんですが、こうして実際に患者さんにお会いして、ブログの感想をお聞きすると、ああ、多少なりとも役に立っているんだなあと実感できて、うれしいものですね。
これからも無理のない範囲で書いていきたいと思います!

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や病院に関する個別のご相談については、まず「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」をお読みの上、ご連絡いただけますようお願いします。いただくご質問に対する回答の多くが、すでにこの本に書かれております。ご理解お願いします。

※いただいたご連絡の全てにご返事できるとは限りませんのでご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ