2021年08月10日

MRIで脳内出血が見つかる

先日、脳腫瘍の定期検査で東京女子医科大学病院に行ってきました。

いつものMRIと脳神経外科の村垣教授の診察です。

脳のMRI画像20210803mu
(左上が前回2001年5月のMRI画像、それ以外が今回2021年8月のMRI画像)

診察にて

今回は、手術からまる10年経ってから、初めての村垣先生の診察です。

診察室では、「初めて先生にお会いしてからもう10年経つんですね」とひとしきり思い出話。

そして、この日の検査の結果の説明です。


MRIに写っていた変化

MRI画像を見ると、前回の検査で見つかった異常が、また変化していることが分かりました。

前回5月の検査(下記リンク)では、それまでになかった豆粒のようなものが白く写っていました。

▼脳のMRI画像にまたもや新たな異変が|オーシャンブリッジ高山のブログ

今回のMRI検査では、この豆粒の色が、白から黒に変わっていました。

前回の画像と今回の画像の比較

本記事冒頭の4枚のMRI画像のうち、左上が前回5月の画像で、それ以外の3枚が今回8月の画像です。

それぞれ、赤い矢印の先が、前回見つかった豆粒です。

左上の前回の画像では、この豆粒は白かったのですが、右下の今回の画像では、黒くなっています。

先生によると、この黒い色は血液で、白い色は体液とのこと。

そうすると、前回の検査までに体液が溜まった豆粒のような袋ができていて、その後、今回8月の検査までにそのあたりで出血があって、体液が血液に置き替わり、それで白から黒に変化したと考えられます。

脳内出血です。

豆粒の下の大きな袋

画像でも分かりますが、この豆粒のすぐ下には、昨年7月の検査(下記リンク)で見つかった大きな袋があります。

▼脳腫瘍のMRI画像に写っていた異変|オーシャンブリッジ高山のブログ

ここは手術で脳腫瘍を摘出した跡の穴です。そこに術後は体液が溜まっていたのですが、その穴の中に、大きな袋状の膜ができて、そこに体液が溜まっているということでした。

冒頭の画像の左上と右下をよく見ると、この大きな袋の中身は上3分の2が白く、下3分の1が黒くなっています。つまりこの大きな袋の中には体液と血液が入っていて、体液より重い(比重が高い)血液が下に溜まっているようです。

この体液と血液に満たされた大きな袋に隣接する形で豆粒のような袋ができて、最初は体液で満たされていたのが後に出血があり、血液に置き換わった、ということになるようです。

脳内出血の原因は?

この大きな袋と小さな豆粒については、これまでの検査では、脳腫瘍の再発など、腫瘍と関係するものではないとのことです。実際、今回の造影MRIでも、腫瘍は造影されておらず、画像に腫瘍を疑う病変は写っていません。

これは腫瘍のような脳神経系の問題というより、脳血管系の問題とのことです。

このあたりの部位は、手術で腫瘍を摘出しただけでなく、その後再発を防ぐために放射線も当てています。

また、脳腫瘍の術後の放射線治療や化学療法に加え、悪性リンパ腫の化学療法や、白血病さい帯血移植などで、大量の抗がん剤治療も受けています。

恐らくそうした放射線や抗がん剤の影響により脳の血管にこうした異常(血管がもろくなって出血するなど)が現れているのではないか、というのが村垣先生の所見です。

放射線や抗がん剤の晩期の副作用ということになりますね。

今後は経過観察

この脳内出血については、幸い、今のところすぐに何か治療が必要ということはないようです。

ただ、慎重に経過観察していったほうが安全ということで、通常は3ヶ月おきに受けているMRI検査の頻度を当面は増やし、1ヶ月後の9月と3ヶ月後の11月にMRIの予約を入れてもらいました。

血管系の異常とはいえ、その周辺で腫瘍の再発があるかもしれませんので、これまで以上にしっかり検査していきます。

なお、脳内出血についていろいろ調べてみると、一般的に原因の多くは高血圧のようですが、僕は高血圧ではありません。

逆に低血圧で、入院すると看護師さんによく「血圧低めですか?」と聞かれるタイプです(笑)。

術後長期生存者は手探り

村垣先生は言っていました。

手術から10年から15年も経つと、今回の高山さんのように、いろいろと異常が出てくる患者さんはいます。患者さんごとに、その都度、悩みながら診療しています。

このように、以前は治らなかった、つまり長期生存が難しかった病気(グリオーマなど)が、治るようになったからこそ出てくる異変ということで、脳腫瘍のような「病気そのもの」の治療と異なり、治療法が研究され確立されているというわけではなさそうです。

病気そのものが治った後に残る晩期副作用への対応という課題ですね。

僕自身も、今回の脳出血以外にも、今後また別の異常が見つかるかもしれません。

実際、昨年には脳梗塞も見つかっています。(下記リンク。その後、脳梗塞は消えてしまいました

▼MRIで脳梗塞が見つかる|オーシャンブリッジ高山のブログ

こうした病変が現れても、一つ一つ先生と相談しながら適切に判断し、対応していくことで、今後もできるだけ長く生きていきたいと思います。

少なくとも娘の二十歳の誕生日までは。

そして長期生存した結果として、脳腫瘍の術後の晩期副作用の治療法の検討にも、多少なりとも貢献できればいいなと思います。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はお受けしておりません。

主なカテゴリー

過去の記事

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ