45歳になりました/2つの節目

お陰さまで先日の5月6日に誕生日を迎え、45歳になりました。
Untitled


一年前のブログ記事を改めて見てみると、あの頃は維持療法の抗がん剤による免疫抑制で発熱が慢性化していて大変な時期でした。帰省の予定もキャンセルしていました。
その頃に比べると、今年は体調も体力もかなり回復していることを実感します。ゴールデンウィークの初日には日帰りで帰省することができました。また娘のお友だち家族が集まるイベントにもいくつも参加できました。
6日の誕生日当日のディナーは、家族にお祝いをしてもらいました。場所は僕の希望により、長年お世話になっている恵比寿の葡萄酒房allee
誕生日のお祝いに、ママがシャンパンをサービスしてくれました。
Untitled
Untitled
Untitled
Untitled
Untitled
家内と娘からは、誕生日プレゼントに、神奈川のクラフトビール、サンクトガーレンの夏限定パイナップルエールと、これからの季節に使えるビーチサンダルをもらいました。ビーチサンダルは、先日のハワイ旅行のときにお店で気に入ったものが見つけられなかったため、夏を前にうれしい贈りものです。
Untitled
Untitled
さらに、その翌日には、地元のお店で再度お祝いをしてもらいました。
Untitled
Untitled
Untitled
45歳となった今年は、7月で脳腫瘍の手術から丸5年、11月で白血病・悪性リンパ腫の寛解から丸3年を迎えることになります。ともに、一応は治ったとみなされる節目です。
残念ながら、帯状疱疹後神経痛の激痛は相変わらずで、眠れなかったり、夜中や朝方に目が覚めてしまったりと、視覚障害や免疫抑制以上に現在のQOLを下げる最大の要因となっていますが、こちらは治療法がない以上、痛み止めの麻薬(オキノーム)を使ってコントロールしていくしかありません。
でも今の自分にとっては、がんの再発や命の心配をせずに暮らしていけることだけでもありがたいことです。
最後に、わざわざFacebook等でおめでとうメッセージをくださったみなさま、ありがとうございました。このブログ記事でお礼に代えさせていただきたく思います。
Untitled