2022年01月08日

「あけましておめでとうございます」と我が家のハムスターが申しております

「みなさまあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします」

タオルケットの中のハムスター

…と、娘に抱かれたハムスターのサーシャが、高山家を代表してみなさまにご挨拶申し上げます。

さて、今年のお正月は家でのんびり過ごしました。
まあ、お正月に限らず年中、家でのんびり過ごしておりますが。

今日も家でのんびりしながら、

「そろそろ2022年最初のブログ記事を書くかな」

と思いまして、お正月に撮ったハムスターの写真を眺めつつ、キーボードに向かっている次第です。

今年の抱負

新年最初の記事といえば、今年の抱負的なことを宣言するのが定番です。

僕の今年の抱負は、

1年を通して入院することなく、家で穏やかに過ごす。

という感じでしょうか。

昨年の話

昨年は食道静脈瘤の再発により6月に入院しました。

▼本日、虎の門病院に入院。明日、食道静脈瘤の治療。個室に入った理由とメリット。|オーシャンブリッジ高山のブログ


食道静脈瘤は再発しがちで、実際に僕も2回再発しているのですが、この昨年6月の内視鏡治療が非常にうまくいきまして(虎の門病院 肝臓内科の村石先生、ありがとうございます!)、年末に受けた内視鏡検査でも経過が大変良好であることが確認されています。

▼食道静脈瘤の内視鏡検査と肝臓の腫瘍の造影MRI:がんサバイバーの治療後の実際|オーシャンブリッジ高山のブログ

そのため、恐らく今年は食道静脈瘤は再発せず、入院もせずに乗り切れるのではないかと期待しています。

一昨年の話

ちなみに、一昨年の2020年は、食道静脈瘤と大腸がんで合計3回入院しています。

▼入院しました:食道静脈瘤|オーシャンブリッジ高山のブログ

▼大腸がんの手術のため虎の門病院に入院しました|オーシャンブリッジ高山のブログ

▼今日から虎の門病院に入院して食道静脈瘤の治療|オーシャンブリッジ高山のブログ

以上のように、一昨年は3回、昨年は1回、それぞれ入院しています。

ですから、今年は一年を通して入院なしで過ごしたいと強く願っている次第です。

4つのがんについて

なお、この10年で4回経験したがんという病気そのものについては、お陰さまでどれも再発や転移はありません。

昨年7月には、初めてのがんだった脳腫瘍手術から10周年を迎えました。

▼「今度」という希望を取り戻す/脳腫瘍(グリオーマ)の手術から10年が経過|オーシャンブリッジ高山のブログ

そのほか、悪性リンパ腫も、白血病も、大腸がんも含め、それぞれ2〜6ヶ月おきにMRI、CT、エコー、内視鏡、血液検査などで各臓器の精密検査を受けています。

これだけしっかり検査をしていると、再発や転移はもちろん、他の臓器に新しいがんができても、早期に発見してすばやく治療に入ることができるはずです。

だから、がんについては今はあまり心配していません。

むしろ毎日の生活では、8年前の悪性リンパ腫の抗がん剤治療中に発症した帯状疱疹後神経痛の激痛に引き続き悩まされています。

こちらは強めの鎮痛薬(現在はトラマール)の飲み方を試行錯誤しながら、なんとかやり過ごしています。でも日中はまだしも、夜中に痛みで目が覚めてしまうのがちょっと辛いところです。

今年は改めて、8年前に通っていたペインクリニックに再度行ってみようかと考えているところです。これも今年の抱負のひとつかもしれません。

ということで、今年も病気にもコロナにも負けず、家族とともに平穏な一年を送りたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ

★闘病記ブログランキングに参加しています。上の病名ボタンをクリックしてくださると、ランキングが上昇し、より多くのがん患者さんに僕の闘病記が届きます。よろしければクリックしてくださるとうれしく思います。4回のがんをがんを乗り越えた経験が、一人でも多くの患者さんに届きますように…

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投稿者】nori 【コメント】コメント (0)

この記事と同じカテゴリーの記事はこちら

Facebookを利用してコメント

コメント

コメントの投稿は上記のFacebookのコメント投稿欄からどうぞ。投稿されたコメントは同欄に表示されます。2015/06/09よりコメントはFacebook経由でのみ受け付けています。下記欄に表示されるコメントはそれ以前のコメントです。

高山の著書

「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」書影・表紙画像\
治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
(幻冬舎 税込1,188円)

脳腫瘍、悪性リンパ腫(白血病)を乗り越えた闘病記。
病院選び、治療法選択、医師との信頼関係の構築、セカンドオピニオンなどの考え方も。

プロフィール

高山知朗(のりあき):

1971年長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学 政治経済学部卒業。

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)戦略グループ、Web関連ベンチャーを経て(株)オーシャンブリッジ設立、代表取締役社長就任。現在、同社ファウンダー。横浜市在住。

2011年7月に脳腫瘍(グリオーマ)の摘出手術。後遺症で視野の左下1/4を失う

2013年5月から悪性リンパ腫(B細胞性リンパ芽球性リンパ種/急性リンパ性白血病)の抗がん剤治療。合併症で帯状疱疹後神経痛も発症し、現在も激しい痛みと闘う。

2016年年9月、幻冬舎より「治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」を出版。

2017年2月、3度目のがんである急性骨髄性白血病を発症、同年4月にさい帯血移植治療を受ける。

2020年3月、4度目のがんである大腸がんの腹腔鏡下手術を受ける。

現在は妻、娘とともに元気に暮らしている。

連絡先

メール: nori.tkym[at]gmail.com
([at]は@に読み替えてください)

※病気や治療に関するご相談はメールでもSNSでも一切お受けしておりません。仮に質問などをお送りいただいてもご返事できかねます。私もあくまで一患者であり医療関係者ではありませんのでその点ご理解ください。

主なカテゴリー

過去の記事

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事の検索

こんなソフトを販売しています

リンク

その他のリンク

  • にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 悪性リンパ腫へ
  • にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ